Go言語入門 Twitter風のWebアプリを作ろう(GinでHTMLに変数を渡してみよう編)

GOsamune2

こんにちは、SDです。

今日はGo言語でTwitterみたいなアプリを作る連載第2弾を行っていこうかと思います。

予防線:Twitterといっても過度な期待はしないでください。
Todoアプリみたいなものです。

 

フレームワークの選定

 

今回はWebフレームワークの基本である「変数の値をフロントに渡して表示する」
をやっていこうかと思います。

そのフレームワークですが、今回はGinを使ってみようと思います。
(というかGinしか使ったことない・・・。)

Ginの特徴としては
・本体がミニマムなため動作がかなり速い(似たようなMartiniより約40倍の早いそうです)
・割と実装が簡単
・何より人気No.1

というのが挙げられます。
初学者にとっては最後の人気No.1が一番うれしいポイントで、
困ってもググれば日本語でも割と出てきます。

 

Ginのインストール

 

さて、それではGinをインストールします。
Cloud9上で以下のコマンドを実行します。

出来ましたかね。

 

コードを書く

 

それでは、main.goを以下の内容に書き換えちゃってください。
今回はハンドラの宣言と処理内容を一緒に書いちゃっていますが、
実際の開発ではもっと処理が複雑化すると思われるので、
別ファイルに宣言してインポートして実行するということがよく行われます。

 

続いてHTMLの方も書いていきます。  
これで以上です。

実行確認

 

$go run main.go

で実行してみようと思います。

resultVar

この様に変数が渡されたのを確認できたと思います。

ちょっと画面が寂しすぎる気がしますが

おわりに

 

ということで今回は以上になります。

変数の渡し方には若干の癖がありますが、記述量は驚くほど少ないことがわかっていただけたかと思います。

次回はDBの接続とデータの挿入を行っていこうかと思います。

それではお楽しみに~。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone